2024.3.1
年のせいか、肩が痛くて腕も上がらないなあというと、五十肩かもと自己診断して病院へは行かずに済ませてしまう人がいるかと思います。物を取ろうとして手を伸ばしたときなど動作によって痛みがあったりする場合、肩の腱板断裂という可能性があるのをご存知でしょうか。腕の付け根部分の腱板が何らかの原因で切れてしまうことでおこり、主に保存療法での治療を行います。五十肩のリハビリ治療などでちっとも良くならないという人も可能性がありますので、専門医の受診をお勧めします。
.................................................
2024.2.1
同じ肩が痛いといっても、肩こりと五十肩はまったく別の原因で起こります。肩こりは首の付け根の筋肉の疲労が原因で起こり、五十肩は肩関節の周囲の炎症が原因となります。文字通り50歳代の人に起こりやすく、痛みのあまり腕の動きが制限されることがあります。ある程度は放置しておいても治る病気なのですが、肩の動きが元通りにならない場合もあるので、きちんとした治療を受けることをお勧めします。
.................................................

 

 

Script by This is it!