2021.1.1
あけましておめでとうございます。
新年は1月4日(月)より通常診療を行います。
五十肩というのは聞いたことがあると思います。肩関節周囲炎という病名で、40歳代から50歳代にかけて起こることが多いので、一般的に五十肩と呼ばれています。原因はさまざまですが、突然激しく痛んだり、徐々に痛みが出たりとその症状の出方は様々です。主な症状は腕を上げると痛む、腕を背中にまわせない、夜間寝ているときに痛むなどがあります。治療で一番大切なのは関節の保温と安静ですが、痛いからといってまったく動かさないとよくないので、一日に数回肩をゆっくり動かす運動を行うとよいでしょう。年齢のせいにして、治療のタイミングを失うと、関節の動きが悪くなってしまい、長期の治療が必要になることもありますので、早期に専門医の診断を受けることが望ましいでしょう。
.................................................
2020.12.1
<年末年始休診のお知らせ>
12月30日(水)午後診療〜1月3日(日)まで休診とさせて頂きます。
尚、年内12月29日[終日]・30日[午前のみ]の診療については休日加算が発生致します。予めご了承ください。
年始は1月4日(月)より通常診療致します。
ご不便をおかけ致しますが宜しくお願い致します。
最近、ジョギングをする人が増えているそうですが、そんな人によく起こる病気、腸脛靱帯炎をご存知でしょうか。ランナー膝とも呼ばれ、過剰なランニングによって腸脛靱帯が大腿骨外顆と接触して炎症を起こし、疼痛が発生します。治療にはまず初期段階での適切な休養が大切となりますので、専門の病院で診断をしてもらうと安心でしょう。
.................................................

 

 

Script by This is it!