2022.5.1
強直性脊椎炎という病気をお聞きになったことはありますか?その名のとおり脊椎が強直になる特徴があり、原因が不明で特定の遺伝子を持つ人に発生する率が高いことがわかっています。全身症状と脊椎・関節症状があり、関節症状は、腰部やでん部の痛みで始まり、坐骨神経痛に似た症状が認められます。画期的な治療法がなく、鎮痛と運動療法が主な治療となります。原因や治療方法などが明らかでないため、見逃されたり誤診されたりすることが多く、原因不明の痛みに精神的にも悩まされることがありますので、専門医で受診することが大切です。
.................................................
2022.4.1
肩が痛くて上がらない病気というと一般的には五十肩などが認知されていますが、肩の腱板断裂というのはご存知でしょうか。腱板とは上腕骨の骨頭を関節に引き寄せ、腕をあげやすくするための筋腱です。反復する動作や、転倒などの外傷により、この腱板が切れてしまうことがあり、それを腱板断裂といいます。腱板が切れてしまうと、腕が上がらなくなったり、あがっても力が入らなくなったりするなどの障害が生じます。また夜間の痛み、運動時の痛みも生じます。気になる症状がある方は一度受診されるとよいでしょう。
.................................................

 

 

Script by This is it!