2021.5.1
世の中には原因不明の病気が数多くありますが、強直性脊椎炎もその一つです。病名にあるように脊椎(背骨)が強直(固まってつながる)になる特徴的な病気で、特定の遺伝子を持つ人に発生するといわれています。患者は男性が多く10〜20才代で発症します。また、人種によって発症率が違うのも特徴です。腰部や背部の痛みが主な症状ですが、安静では改善されないので、軽度の運動を行います。痛みがひどい場合は鎮痛剤の投薬もありますが、適度の体操と十分な睡眠、休息などの生活改善も必要です。不安のある方は専門医に相談することをお勧めします。
.................................................
2021.4.1
肩が痛くて上にあがらないと、よく五十肩だと思いがちですが、そうでない病名があるのをご存知でしょうか。夜に痛みを感じることが多く、時には目が覚めてしまうほどだったり、物を取ろうとして手を伸ばしたときなど動作によって痛みがあったりする場合、肩の腱板断裂かもしれません。これは腕の付け根部分の腱板が何らかの原因で切れてしまうことで、保存療法や手術療法などの治療を必要とします。これら治療方法は年齢や症状、生活環境などを考慮して選択する必要がありますので、気になる症状がある方は、専門医に一度ご相談していただくとよいでしょう。
.................................................

 

 

Script by This is it!